現在における日本の副業普及率はどれくらいなのか?

現在における日本の副業普及率はどれくらいなのか?

自分の周りで副業をしている人がいないから始めるのが不安、そう思っている人はいますか?

言っていないだけで実はこっそりと始めている人が皆さんの周りにいるかもしれませんよ。

それくらい今では副業を始めている人が増えています。

知らないだけで、実は身近なものになっている副業の普及率を見ると、安心して始められるかもしれませんね。

公式HPでAQキャッシュをチェック

日本における副業の調査結果

副業に関する細かい調査結果が発表されています。

それを見たら皆さんも副業が身近に感じるかもしれません。

実際に副業を始めている人

現在の最新情報によると、今時点で副業を始めている人は既に20%を超えています。正社員の内の5人に1人は副業を始めているという結果です。

この数字だけを見ても、思ったより多くの人が始めていると思いませんか?

正社員だけでこの数字ですので、契約社員だったりアルバイトの人達も含めたらもっと数字が跳ね上がります。

大袈裟ではなく、4割近くの数字が出るのではないでしょうか。

社会全体の2割の正社員が副業を実際に行っているということは、皆さんの周りの方も副業を始めていてもおかしくはないですよね。

2020年になってからこの数字は一気に上がっています。その理由はきっとコロナの影響が大きいでしょう。

今まで副業に興味を抱いていたけど実行しなかった人達が、将来を見据えて始めたのではないでしょうか。

実際私は将来が不安になり、今年から副業を始めた一人ですから。

まだ始めていない人でも、正社員の内半数以上が副業に意欲を持っていると回答しています。

会社で禁止されている等の理由もあると思いますが、『周りでやっている人がいないから不安』と思っている人も多くいると思います。

どうしてもまだ副業で失敗する等のイメージが強いのは事実です。

しかしそれは本当に副業を理解していないから、自己防衛のようにそう思い込んでいるだけです。

しっかりと調べれば安全な副業はたくさんあります。

何せ副業は幅広いのですから、堅実に稼げるものから初期投資がかかるけど大儲け出来る副業まで様々です。

失敗しない副業はたくさん存在します。それを実行するかどうかは皆さん次第ですけど。

副業に費やす平均時間

副業を実際にやっている人達が副業にかける平均時間は10.32時間と出ています。

その中での時間の割き方は人それぞれですが、休日に数時間ずつというパターンや、休日の1日だけがっつり働くパターンか、平日の仕事終わりに2.3時間働くパターンの3つが主な働き方だと思います。

働き方はその人にあった働き方で大丈夫というところが副業の魅力の一つです。

自分に無理のない働き方を選んで生活を潤す、それが副業を続けられる秘訣だと私は思います。

無理をして働き詰めになって体を壊してしまっては意味がありません。

私からのアドバイスとしては「休日も大事にする」というところですね。

公式HPでAQキャッシュをチェック TOPページを見る